製品情報/ロット管理システム

平成17年4月1日に施行された改正薬事法においては、医療材料の販売業において「高度管理医療機器」「特定保守管理医療機器」を販売・賃貸する場合は、 許可制となり、さらに仕入、販売時には譲受、譲渡の記録を作成・保存する義務が発生いたします。よって本システムは、記録を保持する為に商品貼付 バーコードをハンディターミナルで読み取ったロット番号・有効期限情報を一元管理し、トレーサビリティ機能を実現するシステムです。

主な機能と特長

■仕入・売上作業の効率化

入・出庫時に発注・受注伝票(ピッキングリスト)を基に直接商品貼付バーコードを読取りますので、仕入・売上処理と同時に入・出庫のロット管理が可能になります。

■トレーサビリティ業務の迅速化

入出庫の履歴を保持していますので、いつでもロット一覧表で商品の動きを確認することが可能になります。

■バーコード登録機能

商品マスタにバーコードが用意されてない商品が入庫時に発生した場合、ハンディターミナルから登録可能です。

本システム事例は、医療材料・医薬品卸売業 K社様導入事例で、各自治体様・・各薬品会社様・各医療機関様というように、広範囲のお取引がある為、本システムを積極的に導入。 改正薬事法に対するロット別の出荷履歴管理を、ハンディターミナルを使用して業務の効率化を実現しました。

製品情報

Plusロット管理システム

  • ロットの履歴管理でトレーサビリティ対策を支援します。又、販売大臣ERPとの連動で販売・仕入・在庫管理が可能。

オペレーターfor販売大臣

  • 販売大臣に登録されている得意先情報、売上伝票、見積書などの情報や対応履歴(拡張データ)などを一元的に、閲覧したい時に便利な機能。

バンキングPlus

開発実績